備忘録

観劇した舞台やイベントなどの感想をメモしていきます。

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs聖ルドルフ@愛知 9/25

後方センターブロック通路席

今回はテニミュも観劇もテニプリすらも初心者の友達を連れての参戦。教えたがりだからテニプリについてとかテニミュの特殊なとことかいろいろ話しといた。どれだけ伝わったかは知らん。

 

地元の子から聞いてはいたけど、まじで僻地でしかも遠い。国府宮に向かう電車からホールが見えるの。でそのまま電車だから通り過ぎちゃうの。で通り過ぎた後電車がけっこう走り続けるからそこでもう「遠すぎだろ…」てなるの。

駅降りてから線路沿いにまっすぐってことだけ覚えてたら、どっち方面に行けばいいかわからなくなって、マップ開いたけど目印になる建物が一切ないっていう。まあ明らかに目的地同じなお姉さま方がみんな同じ方向に向かってるからそっちについてったけどね。街頭ないし右は線路、左は田んぼだから正直危ない。ただ駅からホールまでミュクラが列をなして歩いてるからまあ公演前後の時間帯は大丈夫でしょう。徒歩15~20分くらいだったな。ちなみに駅前にコンビニと居酒屋がある以外は駅と会場の間何もない。会場に併設してるレストランがあるからそこでご飯食べるかコンビニで買ってくかがいいと思う。

会場着いたら前回の不動峰平日に比べてずいぶんと人がいた。物販もけっこう並んでた。おみくじ引いたられお丸だった。座席は2階席無しで、8列目くらいまではフラット。5列目に座った友人が前の席の人の頭でたまに観にくかったって。

 

前アナはれお丸。ひつまぶしに味噌カツ食べたいなー!試合に勝って食べるぞー!って感じだった。

OPはトリオがテニプリ単行本を読んでる演出でスタート。映像で原作絵が出ると同時にそれぞれのキャストが同じポーズで登場。原作から来たテニミュ初心者に優しい演出だなと思った。青学は1人ずつの登場だったけどルドルフ不動峰はチームごとの登場だった。青学曲は新曲で「進め!進め!」って感じのやつだった。歌詞がちょっと聞き取りにくかった。

トリオがルドルフメンバーについて話すとこでは、客席からルドルフが1人ずつ登場。裕太なんか髪の毛明るすぎない?照明の加減?柳沢の「誰だね!今アヒルっていっただーね!?」とか裕太の「弟って言うなよ」が客に向けて言ってた。ノムタクは「初登場です」って。メタ。そのまま校歌かなーって思ったらまだ歌わなかった。

青学側ではオーダー発表。桃と海堂のダブルスが発表されて、からの相容れない二人。前回のやっぱ男はダブルスでしょう!とちょっと歌詞似てる感じ。曲中で突然の一発芸タイム。桃がひつまぶしネタで海堂が手羽先ネタだった。どことなく海堂にやさしい会場。佐奈くんせっかくなんだからもっとローカル愛知ネタでいいのに。その後、突然伊武神尾登場。で2人が相容れない二人を歌う。なんで?いや、確かにそこも喧嘩コンビだけどなんでいきなり出てきてそれ?最後4人で歌って終わり。

ここらへんでトリオのトーナメント説明曲だったかな?氷帝、山吹、不動峰では跡部、千石、橘の写真が出るんだけど跡部と千石は誰がやったんだろう。

どこでルドルフ校歌来たか忘れちゃった。曲調は相変わらずミサっぽい。やたらと上品さをアピールする一方で「俺たちは強い」みたいなストレートな歌詞もあってちょっとくすっときた。足をクルンって回す振り好き。個人的に木更津淳の動き好き。

D2D1はけっこう行ったり来たりになる。何なら後半はネットが無くなって4人が台上、4人が下で映像を駆使しながら同時進行する。あれはきっと映画でいうところのモンタージュ・シークエンス。

D1では1stであった菊丸の精神力の歌。あと、大石・菊丸のソロ曲ね。大石の曲はひたすら夢について歌ってて、最後だけ英語なのがなんかミスマッチだった。あと石田くん声量はわりとあるけど音程たまに危ういね。菊丸のほうはチャージアップ!!だった。れお君のアクロバット炸裂。客席に2人で降りてきて歌いながらきゃっきゃしてた。このとききっと青学ベンチも面白かったんだろうけど見逃した。最後は2人で「どんなピンチの時も~♪」があって満足。

D2ではシナリオをぶち壊せだけだったかな。古田くんの高音めっちゃ聞こえた。柳沢がダンクスマッシュで倒れるとこでは「星…星…あつし…」で淳を指さしてバタンキュー。

桃が「あばれたんねーよ!!」って言ってからの青学曲×ルドルフ曲×不動峰+トリオの三重唱。始まりが突然で最初これが三重唱って気づかなかった。ソロ入れるとかで1stみたいにわかりやすくしてほしかったな。で1幕終わり。最後トリオだけが舞台上に残ってたのはどういう意味があったんだろ。

生写真の番号確認しようと思ってロビーでたら前から男の人歩いてきて、なんか見覚えあるなーって思ったら新之助さんだった。2度見してしまった。ちなみに写真は当たってなかった。

2幕はゴールデンペアのコンテナスタート。ゴールデンペアの曲をバラード調に2人でデュエットしてた。やっぱりれお丸はバラード系合わなさそう。

2人がタカさん探しに行った後、不二のHAND IN HAND。なんか声がかすれてて、喉痛めてるのかな?って心配になった。若干ばっちっぽい声に聞こえるときがあった。

この後に裕太だったかな?ノムタクいじめしてたよねあれ。裕太の新ソロ曲は「俺の名前を呼べ!」の後、わざとらしいほど空白があって。きっとライブではそこで「裕太!」ってレスポンス入れるんでしょ?って感じだった。

S3は比較的あっさり終わったようなイメージがある。私がS2を期待し続けてたせいかもしれないけど。リョーマも新曲だった。裕太が「真っ向勝負がしたい」って観月に逆らってから、ベンチの観月がずっと貧乏ゆすりしたり手をよく組み替えてたりとイライラしてる様子が伝わってきた。

そしてお待ちかねのS2。激おこ不二先輩はずっと双眼鏡でガン見した。マリオネットでは赤澤だけダンスに入らない。操られてないってことなのかしら。そしてお立ち台が出てきて、映像が出てきて、あとはフルボッコだよね。静かなる闘志で、「守る」で裕太「育む」で越前はわかるけど「慈しむ」で手塚はよくわかんなかった。そこら辺は考察班の人に任せる。

観月の壊れた笑い声けっこう良かった。からの裕太が「かぼちゃ!?」って声が高くなるの最高にかわいかった。

その後少し橘vs宍戸があるんだけどさ、宍戸さん役誰がやっててんだろ?声まであったし。もう氷帝キャストが決まってるとでも??冒頭の跡部と合わせて非常に気になる。

手塚がDream maker歌うバックでバスが走る。映像豪華だよなやっぱり。バスの中でのわちゃわちゃがかわいい。途中で自転車に乗った不審者とそれを追いかける神尾が出てくる。誰?

青く燃える炎の歌詞アレンジver.を3校で歌って終わり。だったはず。

座長挨拶では「前回公演ではこいつ(乾を指さして)とひつまぶし食べました。」「また行きたいけど今回はスケジュール的に厳しい」「だからウナギ的な何かを食べていこうと思います」

幕が上がって、ニューウェーブだと思ったらネットがつるされてなくて、まさかの3校でNow and Foever。初代;;;;;;;;相変わらずみんなの私服ひどいしリョーマはなんかレベル高い。

そして今度こそニューウェーブ。曲中のウェーブ遅いよ~客席のみなさん。でまた途中でジャンハイに変わって客席降り。裕太とれお丸とハイタッチした!内村にはスルーされて大石は手振ってくれるだけだった。ふと舞台上を見ると自転車の不審者。サングラスかけてるし一緒に踊ってるしなんなら最後センターのリョーマの後ろで飛び跳ねてるしなんなの?誰?

後アナはトリオ。堀尾お誕生日おめでとーう!お見送りが後列からだったから比較的早くでれた。しょっぱなに手塚がいたせいで他だれがいたかあんま覚えてない。財木手塚笑顔でしたよ。ステッカーは神尾伊武だった。

 

2ndとか不動峰公演とかに比べて省略されてるとこが少なかったから原作ファンにはよさそう。でもまあ時系列は相変わらず前後することが多かった。そういう演出の人なのかしらね。不動峰、全員いる必要あったかなあ。正直橘さんと伊武神尾だけで十分だったと思う。キャストは、なんか今回のかつらがあってないのかいまいちかっこよく見えなかった。そのうち慣れるんだろうけど。歌は青学は刈谷に比べてずいぶんよくなってた。まだまだ上達できそうだけどね。ルドルフもそこまで気にならなかった。まあ彼らはそもそもソロが少ないんだけどね。滑舌もトリオ以外は気にならなかったかな。たまに噛んだり不二先輩みたいに間違えて言い直したりはあったけど。

まあとりあえず楽しかった。今回はちゃんともう1公演分チケット確保してあるから焦る気持ちもないし、客席も20列くらいまではセンター以外も埋まってたしまあ大丈夫でしょ。連れて行った友達も思いのほか楽しんでくれたようで、チケット増やそうかなって言ってたしおおむね満足。