備忘録

観劇した舞台やイベントなどの感想をメモしていきます。

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学vs氷帝@東京凱旋、ライビュ

最前サイド

実は初めてのTDCだった。本当は愛知公演行きたかったけど、もう一つの趣味の方のイベントとかぶってて行けなかった…。どうせ遠征するなら、と楽日を狙って前楽は手に入れてた(サイドシートだけど)大楽はさすがに取れなくてライビュ。一応当日券並んではいたけど案の定外れてダッシュで映画館向かった。

サイドだけどめちゃくちゃ見切れるというわけでもなくて、手前奥の一部が見えないのが気になるくらいだった。反対側サイドがけっこう遠かったので双眼鏡持ってきておいてよかった。

散々噂に聞いていたけど、三浦くんのダンスめちゃすごい…美しい…。氷帝の校歌はだいたいどの代も跡部と愉快な仲間たちになりがちではあるけど、今回は完全に跡部オンステージとバックダンサーズになってた。 ていうか今回の校歌かっこよい。若干長いかな?とは思うけどダンスが飽きない。ただ始まりのホーンテッドマンション感はわからなかった。謎演出。

跡部ソロ曲の樺地オペラやばない?最初はBGMだと思ってたんだけどライビュで生歌だと知った。

今回の宍戸さん、顔が良すぎて全然ダサくなかった。個人的にはちょいダサくらいの宍戸さんが理想。めちゃくちゃ大学にいそうな顔だなーって思ってたらキャスト現役大学生でわろた。顔のせいでクールに見えるけど、レギュラー入りのとことかちゃんと熱かった。ボール打ち返すときの足の上がるフォームがめちゃくちゃ美しい。

日吉くんね、内海くんのことるひまでけっこう前から知ってたので残念ながら日吉くんじゃなく内海くんとして観てしまった。テニミュではあんまりこの見方したくないんだけどな。相変わらず眉毛と口がうるさい感じだった。あと、ダンスめちゃくちゃがんばってる~~って感じだった。今回三浦くんのこともあってバレエ風ダンス多かったから相当大変そう。

ジロちゃんソロ曲できたね。1st2nd通してずっと無かった、待望のジロちゃんソロ曲だね。完全にお目目ぱっちり状態のお歌だった。

山吹の新曲、なんかよくわからんけど色っぽくなかった?サイドで見てるとこっちに向かって「Ah…」って感じのやつやってくれて、そのときの千石の顔にやられそうになった。

青学曲で「オールフォーテニス」「すべてはテニスのため」って歌詞があってふおおってなった。これまでテニミュ曲って「すべては勝利のために」って意志が根底にあったし実際そういう歌詞だったじゃん?でも青8は卒業を間近に控え、勝利のための手段としてではなく、すべての行動理念の原理としてテニスを置いたんだよ。これは革命ですよ!1st2ndでは描かれなかった青春学園がここにはある!ここで終わるけど!悲しい!

ていうか今回泣き所多かった…夢をつなごうの前に、大石が桃城に「俺を引退させるなよ」って言うじゃん。大石は引退しないけど、石田くんは卒業するじゃん。しゅーとが夢をつなぐ先は大石というより9代目になるのだなあ。ってなんか考えちゃってその一言がしみた。

その後の3人でダブルス、前楽では大石が1バルに登場してそこで歌ってたのに、ライビュでは舞台上に現れて歌ってた。映像収録の関係かな?個人的には前楽の演出好き。菊丸が1バルの大石と顔を合わせて「おーいし!」って叫ぶの。2人が離れててもつながってる感じがして良い。

もうねー。初めて登場から卒業まで全部終えた代だから卒業公演ってことでちょっとした言葉にもうるってなるの。

手塚VS跡部戦、前楽で見た時は純粋にその熱さにハラハラしつつ感動してた。ライビュでも同じ気持ちで見てたんだけど、最初に違和感に気づいたのは、一騎打ちの最後の伸ばしで財木くんが音外したの。その時は(千秋楽で気合入りすぎたかなーDVDでは修正か前楽と差し替えかなー)とかメタいこと考えてたんだけど、その直後にドアップになった財木くんのこめかみからダラダラと血が流れてて、え、ここ血のり使うシーン?前楽使ってた?サイドだったから見えてなかっただけ?と何が起こってるかわからなかった。ただ映画館だったから他の観客のざわついた雰囲気が感じられて、本当に流血してるんだ…って気づいて血の気が引いた。だって血がにじむとかのレベルじゃなくて本当にだらだら流れてて、カメラも気づいたのかアップじゃなくて引きの絵になったんだけど青学ユニの胸のあたりにまで垂れて赤く染まってて。しかも一騎打ちの歌ってまだ試合の途中だからこれから激しくラリーするじゃん。流血した状態でラリーとか、テニプリの世界ではあっても現実では危ないよ。それでも、でも、これが財木くんにとって最後の手塚で、こうやって映画館で中継もされていて、ここで舞台が止まったらどうなるうんだろうってことも気にかかった。本当にあの瞬間は、財木くんに一刻も早く捌けて治療をしてほしい気持ちとなんとか舞台が続いて欲しい気持ちとで、どうなってほしいのか自分でもわからなかった。財木君が動いても舞台上のキャストの誰かが動いてもスタッフが動いても何なら現地の観客の誰かが大きめの悲鳴を上げるだけでも、舞台は止まってたと思う。
ただ、舞台は止まらなかった。財木くんも三浦くんもラリーを続けて、他のキャスト達も台詞を続けて、曲も効果音も照明もいつも通り続いた。もうこの段階で涙で視界歪んでまともに見えてなかったけど。そうだよね。手塚にとって部長として負けるわけにはいかない、逃げるわけにはいけない状況であるのと同じように、財木くんにとってここで止めるわけにはいかない、本当の本当に最後の瞬間だもんね。キャラとキャストの物語がシンクロする瞬間、普段はめちゃくちゃ好きなんだけどこんな形でのシンクロは望んでなかった。
しばらくラリーを続けたあと、手塚は肩をおさえてうずくまる。血が流れてるのはこめかみなのに、財木くんは律儀に肩を抑える。青学メンバーが駆け寄ろうとするところに「来るな!」と叫ぶその流れが皮肉にもこの現状とマッチしていて、私は本当に試合をハラハラと見守る観客の心持だった。こんな形で実感したくなかった。今にも財木くんが倒れたらどうしよう、ってずっと思いながら見守ってた。やっと試合が終わって、前楽では肩にかけていたジャージを着せられて前のチャックも閉めて血で汚れたユニが隠された。やっと、やっと舞台袖に捌けてくれた。

リョーマの試合の間も、集中しなきゃと思いつつ財木くんのことが気にかかってしまった。あいつこそがで手塚が出てきて歌ってる姿を見て、血が止まってる様子を見てやっと少し安心した。でもメジャーを読んで育った人間なので時間差で倒れるんじゃないかって心配はずっとぬぐえなかった。
日吉くんの下克上の歌が新曲になってたね。内海くんはジャンプする瞬間のポーズが一瞬静止してくれるので絵として映えそうだなって思った。リョーマのマイベストテンションも新曲になってた。古田リョーマにとっての天衣無縫みたいな明るい曲。ちょっとアイドル感があってリョーマっぽくはなかったけど、古田リョーマっぽくはあった。

青8の卒バラは、やたらと「さよなら」を連呼するなって印象。今までの卒バラってどちらかと言うと別れよりここから続く未来への希望と原点を大切にしようねって歌だったから意外だった。初めて全員一緒にスタートして全員一緒にゴールする代だからなのかな。

アンコールのニューウェーブ、前楽のときウェーブを流す室町が目の前に立ってて、思わず目が合ってしまったけどウェーブがまだ流れてこないから何かアクションすることもできずお互い苦笑いで会釈した。日吉くん近く通ってくれたけどスルーされた…

前楽バウで、青学メンバーが次々とアクロバット披露してくれた。石田くんも危なげながらやってくれたり、れおまるはいつも以上に回ってくれたり。その流れで登場した財木くんにみんな期待の目を向けるけど、首を振りながら苦笑いで普通に走ってきた。ですよねー。最後の古田一紀、次の舞台がチア男子に決まってるしアクロバットしてくれるかな~って同じく期待してたら、両手広げてミュージカルみたいにくるくる回りながら走ってきた。そういうやつだよ君は。

カテコ挨拶で、財木が「ご心配おかけしましたが大丈夫です」って言ってくれてホッとした。でも本人の「大丈夫」以上に信用ならないものはないから。公演後も数日間は財木のブログとTwitterがちゃんと更新されてるか確認してしまった。杞憂でよかった。
この「ご心配おかけしました」発言がカノバレ炎上のことだと思ってキレてる人いたの衝撃だったけど、劇場の遠い席だと流血してるの気づかないだろうし、気づいてても演出だと思ってた人もいたみたいで、それが一番驚きだった。私はこの流血事件まで財木に対して無関心だったから全然その発想に至らなかった。

 今はもう消されてしまったけど、神里くんだけがブログで流血事件に触れてくれた。あの時、舞台上のキャストも同じように進むべきか止まるべきかわからず、でも進み続けてたんだなってわかった。お互いが信頼できるようになったからだったんだろうね、きっと。これだから好きです。テニミュ

 

 

めちゃくちゃ私事だけど、愛知公演行けなかった理由って私が小学生のときから続けてる習い事の最後の大会的なやつで。私にとっての青春はと聞かれたらそれを挙げるくらいには大事な趣味で。今年で大学卒業だからその趣味からも卒業ってことで、それが彼らの卒業と同じタイミングで訪れるってのがなんか不思議な気分だった。

もう二度と見れない青学8代目の最後の公演、もっと通っておけばよかったなって今でもまだ後悔してる。でも愛知公演に行かなかったことは後悔してない。それくらい大事な私にとっての青春だったから。テニミュキャスト達も、このテニミュのためにいろいろ犠牲にしてきたものあるかもしれないけど、そうしてもよかったって思えるくらいテニミュを大事に感じてくれてたらいいな。