備忘録

観劇した舞台やイベントなどの感想をメモしていきます。

晦日明治座納め・る祭~あんまり歌うと攻められちゃうよ~@大阪

1階中央センターブロック

開場が数分遅れてて入場列すごいことになってた。S席特典も無事に交換して物販もスムーズに買えた。ただ新春戦国鍋のDVD買いたかったのに売り切れてた。ガチャは1回だけやってみたらなまはげアクリルだった。

OPは応援団だった。龍くんの副団長めっちゃ似合う。大山真志(以下、まさし)の紹介で身長体重言うんだけど東京公演も見た友人曰く2kgくらい増えてたらしい。最初はるひまと明治座に対する恨みもこもってそうな感謝の応援。その後、急に電気が点いたと思ったらシャンデリアが光ってて、梅芸への感謝の応援。そして恒例のなっがい公演名をみんなで言うんだけど、肝心のまさしが「るの…」と言い間違え、周りが流そうとするのを止めてもう一回やり直し。無事に言い終えてからやっと舞台スタート。

ご乱心の桓武天皇とおつきの綿麻呂。呼ばれて出てきたのが田村麻呂。田村麻呂は表情が全然変わらないの。でも桓武天皇に「お前最近綾小路公麿に似てきたな」と言われて肩を震わす田村麻呂。蝦夷討伐を任じられる。「気を付けろ、あいつらすーぐ歌いだすからな!」という振りのようなお言葉。

蝦夷登場。言われていた通りすぐ歌いだす。すっごくうまい。あれ、これミュージカルだった?個人的に井澤の胸元が気になってた。肌色インナー着てるものだと思い込んでたけど着てなかった。きゃー。まさしがおにぎり食べながらセリで登場。でかいねえ。るフェアみたいな切れ者役もいいけど。こういう純粋バカみたいなのも似合うよね。

あいにく細かいところ覚えてないので単発で書けることだけ。

花道が無いのでやたら下手側舞台前の狭い通路使う。というかあそこが一応花道なのかな?セリもあるし。

アラハバキさまの登場曲は爆笑した。うまいし。舞台のあとしばらくこの曲がリピートしてた。

蝦夷側のキャストさんわりと知らない人(本格ミュージカル畑の人)が多くて最初キャラ把握に戸惑ったけど、普段見てる若手俳優と違って声量すごいしあと何より歌がすごい。なだぎさんも上手かった。ポップス曲以外もいけるんだね。

まさしと三上が出会うシーン、いちいちエコーのように心の声が聞こえるから田村麻呂と同じく「うるせぇ!」ってなってた。

キノコ頭の龍くんビジュアルが面白すぎる。

こばけんさんが死ぬところ、「えっ!?ここで?死ぬの??」って感じの驚きだった。一幕で退場かよーって思ったら二幕から違うキャラで出てきた。

かっちが最初出てきたとき女の子かと思った。まじで。よく見たらかっちだった。こばけんさんは…うん、おっさんだった。

無茶ぶりエチュード顕在だった。まだ指名されてないのに自ら立ち上がる座長かっけー。

完全個人的な好みの感想だけど、阿弖流為みたいなキャラが好きじゃないからストーリー展開にもあまり乗れなかった。主役に感情移入できるかどうかって大事だなあってわかった。

 

2部はひたすらまさしがんばれって感じで見てた。早着替え大変でしょうな…

アラハバキで後ろを駆け抜けていくアラハバキ様に笑った。あれ東京公演ではなかったみたいだね?みねくんの慌てようが面白かった。

つついづつとキョウハジは普通に楽しんで見てた。安西がだんだんおかしくなっていく…もとからおかしいか?

ラストは恒例のみんなで歌おーだったけど相変わらず知らない曲なので歌えなかった。客席降りではひたすらみねくんを目で追ってたけど近くまでは来なかったなー。残念。

 

まあとりあえず良い舞台初めでした。