備忘録

観劇した舞台やイベントなどの感想をメモしていきます。

ミュージカル『刀剣乱舞』~阿津賀志山異聞~ ライブビューイング

公演チケット取れなかったからライビュ参戦。
映画館でもパンフ買えたから買ったんだけど見事にキャラショットしかない。

 ストーリーあんまりちゃんと覚えてないんだけど、義経と弁慶のシーンでるフェア思い出してボロ泣きしたの。義経があらけんさんだし。人間側のストーリーとしても成立して刀剣としてのストーリーも成立してたけど、もうちょいうまくマッチすることもできたんじゃないかなあとも思った。

ミュージカルだからわりと歌ってくれるんだけど、正直まだがんばれーって感じだった、トライアル公演の動画よりは良くなってたけど。流司さんが引っ張るって珍しいと思いながら観てた。

1部終わった後、ペンライト準備したんだけど周りの人たちあんまり持ってなくて(え、いいんだよね…?)てめちゃ不安になった。ペンラ使うライビュ初めてだったし。まあ2部始まったらちらほらペンライトの光見えて安心した。

2部の衣装めちゃめちゃ萌えポイント抑えててデザイナーさん素晴らしい。脱いだインナー姿まで美しい。
歓声で「義経様ー!」ってあがったりうちわにも武将名が書いてあったり。るひまかな?って感じだった。るひま好きな人はきっと刀ミュも楽しめるんじゃないかと思うけど、演劇パートがるひまより真面目…真面目?真面目ってなんだろ。真面目な史実でネタに走るのがるひまで、アレな世界観を真面目に演じるのが刀ミュっていうか。

2部の率直な感想としてはめちゃ楽しい~って感じなんだけど、ちょいちょい(なんでこいつら刀なのに歌って踊ってるんだ…?)って考えが頭をよぎって集中できなかった。主たちを楽しませるために?歌って踊ってるらしいけどその設定がまだ刷り込まれてないから考えることを辞めた。あの子たちうちの本丸の子じゃないのでなんで口説き文句言ってるのかも謎だった。

①刀を擬人化して「刀剣男士」と呼んでいる。プレイヤーは「主」として刀剣男士から敬われている。←なるほど
②その刀剣男士を俳優が演じているのが刀ミュ。客は主と呼ばれる。←ふむふむ
③刀ミュにおいて刀剣男士たちは主を喜ばせるために歌って踊る。←?????

 

2部のライブも終わりかーってとき、次回公演のお知らせとライブのお知らせが来るからまあ阿鼻叫喚だよね。しかも新選組キャスト出てきて歌うし。まだ2ndにとらわれてるオタクだから小越さんの刀捌きがラケットにしか見えないよ…

とうらぶの展開の速さおかしすぎるんだよね。テニスが何年もかけて拓いてきた道を一瞬で追いついて追い抜いていく感じ。そのうち運動会するでしょ?

 

終演後はライビュ限定の映像だった~。カテコでもキャラを崩さなかったけど、映像では素で話してた。素のまりおのちょっと頭弱い感じ好きだよ。あと流司さんの警戒心の強い猫みたいな上目遣い最高に好き。