備忘録

観劇した舞台やイベントなどの感想をメモしていきます。

ミュージカル『刀剣乱舞』~幕末天狼傳~ ライブビューイング

最寄りのライビュ会場はチケット取れなかったので少し離れた会場へ。行ったことない映画館だから早めに行こ~と出かけたら、ちょうど会場に着いたタイミングで地元の電車が運休。良いタイミングで出れた。

前回公演の時も思ったけど、テニミュに慣れていると刀ミュの歌わなさがめちゃくちゃ違和感。なんというか、ミュージカルというか挿入歌の多い舞台って感じする。

物語の展開としては、人間組の3人がとてもよかった。土方さんがかっこいい。

小越さんの刀捌きめちゃ美しかった~背景にサムライ見えたよ(引きずってる)そしてやっぱりお歌が上手い。小越さんが歌い始めた瞬間、ひとりミュージカルって感じだった。

有澤くん初めましてだったんだけど、2部衣装で脱いだ時の細さに驚いた。細いし長いし本当に同じ人間…?

鳥ちゃんが意外とちゃんと安定に見えた。ちゃんと可愛かった。ただちょっと思考を観劇モードから戻すと普段の鳥ちゃんが浮かんできたので集中が必要。あと鳥ちゃん意外と歌えるのね。アクロバットしてほしかったけど安定のキャラと衣装的に難しいよねー。

高橋くんも初めましてで、もともと映像の人?なんだよね?歌とダンスがいかにも苦手な感じだった。まああの蜂須賀の衣装は動きにくいでしょうなあ。

2部の衣装がかっこよかった。急に別作品の話するけどKnightsに着てほしい。

和傘ぶんぶん振り回して扇子バサッて開いて踊るのめちゃくちゃ私のやってる踊りのジャンルでテンション上がった。

 

ラストね、まさかの新作発表ね。刀ミュやっぱり展開早すぎるのでバックに何がいるのほんと。とうとう加州の連勤終わりか~